So-net無料ブログ作成
テニス ブログトップ

ウィンブルドン 錦織圭 ベスト16ならず [テニス]

錦織圭くんも残念ながら敗れる

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は29日、
男子シングルス3回戦が行われ、

第12シードの錦織圭(日本)は第23シードのA・セッピ(イタリア)に
6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6の逆転で敗れ、2年連続で16強入りを逃すと同時に、

今大会で松岡修造(日本)以来18年ぶりとなる日本人男子8強入りの壁を
超える事が出来なかった。

1995年のウィンブルドンでベスト8進出を果たしている松岡修造は、
準々決勝でP・サンプラス(アメリカ)に7-6 (7-5), 3-6, 4-6, 2-6の逆転で敗れている。

今年のウィンブルドンは、アクシデントが多発してて、
チャンスがあるかと思ってたんですけど、そんなに甘くなかったですね(^^;

この試合、勝敗がかかる第5セットで、
錦織は自身のサービスゲームでセッピに1ブレークを許してしまう。

そして、最後はセッピの強烈なサーブに対しリターンをネットにかけ、
3時間4分で3回戦敗退となった。

第5セットで錦織は、1度もブレークチャンスを掴む事が出来なかった。

試合後、錦織は「チャンスはあったけど、最後は相手(セッピ)の方が1つ上だった。」と、
悔しさをにじませたコメント。

「毎セット、試合の流れは変わった。第1セットはいいスタートを切れたけど、
相手も徐々にプレースタイルを変えてきたり、積極的なプレーをしてきた。

そこで自分はあまり中に入っていけなかった。」

試合途中に錦織はトレーナーを呼び、治療を受ける場面があった。

体調面については「芝では低い姿勢でいるので、疲れもたまっていた。
試合には影響しなかったと思います。」と、錦織。

今年のウィンブルドンで錦織は、
1回戦で世界ランク110位のM・エブデン(オーストラリア)、
2回戦で同84位のL・マイェール(アルゼンチン)にそれぞれストレートで勝利する
好調なプレーを続けていた。

「毎試合いいプレーは出来ていたけど、今日はストロークの精度だったり、
物足りないところがあった事が負けた原因だと思います。」

昨年、錦織はJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)にストレートで敗れていたため、
2年連続の3回戦敗退となった。

「今年も3回戦まで来れたので、来年はこれ以上狙いたい。」と、錦織は語った。

世界ランク11位の錦織は、ウィンブルドンで2年連続3回戦敗退となったため、
今大会での獲得ポイントは0となった。

これにより、大会後に発表される世界ランキングでは世界トップ10入りとはならない事が確定した。

世界ランクトップ10入りについては
「近づいてはいるけど、まだまだ先は長い。長い目で見たいと思います。」と、錦織。

また、3回戦で錦織がセッピに勝利していた場合、
ウィンブルドンでデル=ポトロと2年連続の対戦となっていた。

セッピは4回戦で、デル=ポトロとベスト8進出をかけて対戦する。

【錦織圭 ウィンブルドン 2013 戦歴】

・1回戦 勝利 M・エブデン 6-2, 6-4, 6-3
・2回戦 勝利 L・マイェール 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・3回戦 敗退 A・セッピ 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6

次、行きましょう(^^
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ウィンブルドン クルム伊達  ベスト16ならず [テニス]

伊達さん残念!

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は29日、
女子シングルス3回戦が行われ、

クルム伊達公子(日本)は
第1シードで大会連覇を狙うS・ウィリアムズ(アメリカ)に
2-6, 0-6のストレートで敗れ、
1996年以来17年ぶりのベスト16進出とはならなかった。

クルム伊達のウィンブルドン最高記録は1996年のベスト4進出で、
その時は準決勝でS・グラフ(ドイツ)にフルセットで敗れている。

あの試合はすごかったですね、もしかしたら?!と思わせる
シーンがいくつもありましたから。

42歳のクルム伊達は2回戦でA・カダントゥ(ルーマニア)を6-4, 7-5のストレートで下し、
ウィンブルドンでは1996年以来17年ぶりの2回戦突破と同時に、
1968年のオープン化以降最年長となる3回戦進出を決めた。

クルム伊達は2004年のウィンブルドンで2回戦進出を果たした
当時47歳のM・ナブラチロワ(アメリカ)の記録を更新した。

次は全米オープンですかね!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

伊達公子 ウィンブルドン 次戦 セレーナと 錦織圭も3回戦へ [テニス]

伊達さんすごいですねー、芝に照準を合わせたとインタビューで
答えてただけのことはあります!

芝に足を取られて怪我で棄権する選手が続出する中での
結果ですので、ほんとすごい人です。

次戦はセリーナ戦です、さすがに厳しいか・・・

3回戦で当たる伊達については「彼女のプレーを見ていた頃はまだ私は若かった。
今もあれだけできるなんて信じられない。凄く刺激になる」と称賛。
「私はプレーしたことがないけど、(姉の)ビーナスが対戦したことがあるから
話をするわ」と警戒した。

セリーナのお姉さんの時代は同じ世代だったけ?! それでも、
伊達さんのほうが年上だったような(^^;


錦織圭くんも順調に勝ち上がってるようです。!

男子シングルス2回戦で第12シードの錦織圭(日清食品)は
レオナルド・マイエル(アルゼンチン)と対戦、
7―6、6―4、6―2で快勝。
2年連続の3回戦進出を決めた。

テニスもより活気づくといいですね!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

シャラポワ 敗れる ウィンブルドン3回戦 [テニス]

テニスの話題をもう一つ

<ウィンブルドン>シャラポワ2回戦で敗退

テニスのウィンブルドン選手権第3日は26日、
当地のオールイングランド・クラブで男女シングルス2回戦などを行い、
女子では第3シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が世界ランキング131位で
予選から勝ち上がったミシェル・デブリト(ポルトガル)に3-6、4-6で敗れた。

全豪覇者で第2シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)は初戦で膝を痛めた影響により棄権した。

男子では第6シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が
世界ランキング39位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)との試合途中で棄権し敗退。

1回戦で第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)を破ったスティーブ・ダルシス(ベルギー)も、
その試合中に痛めた右肩が悪化し棄権した。

今回のウィンブルドン 結構番狂わせ起こってる?

とんでもない結果がまってるかも!

シャラポワも結構なベテランですよね!頑張ってるなー
負けちゃったけど・・・

海外も若手はあまり出てきてないのか?
同じ名前を聞くことが多いですもんね、日本だけではないのか この状況・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

クルム伊達公子 ウインブルドン 初戦突破 44分で! [テニス]



ウィンブルドン選手権に出場している女子テニスのクルム伊達公子が、
レベルの低下が顕著な日本女子テニス界に一石を投じた。

すごい書き出しだなーこの記事

今回のウィンブルドン本戦に最年長選手として出場している42歳のクルム伊達は、
25日に行われた1回戦で18歳のカリナ・ウィットホーフトをわずか44分で退け、
6-0、6-2のストレート勝ちを収めた。

お茶を愛飲していることが自身の選手生命を引き延ばしていると語るクルム伊達は、
1996年大会で準決勝進出を果たした自身の成功例を念頭に置き、
日本の選手が同様の成績を残すことがもっと当たり前になるべきとの見解を示した。

今大会にはクルム伊達を含めると、わずか3人の日本人女子選手しか出場しておらず、
世界ランク94位の土居美咲はすでにスペインのシルビア・ソレル・エスピノサに
敗れて初戦敗退を喫している。

また、同50位の森田あゆみはマリナ・エラコビッチと対戦したが、
同じく土をつけられ1回戦で姿を消した。

「森田は世界ランク50位内に入っている。22歳の土居はトップ100位内にいる。
でも今の日本にトップ100圏内に入ってくるような若い選手は少ない」とクルム伊達は語る。

「なぜかはわからないし、すごく難しい問題ではある。
1990年代にはトップ100位内に10人の日本人選手がいたことを考えると、すごく残念に思う」

もっと選手がいると思ってたんですが、ランキングに入ってる選手は少ないんですね。

「若い日本人選手にはもっと戦う気持ちが必要。
私たちは背が高くないから、普通に戦ってたら勝てるチャンスなんてない。
欧米選手に比べて体格も小さいので、特別な何かがなくては海外の選手相手に勝機はない」

「それに若い選手はもっと心をオープンにするべきだし、トップ100位内に、
さらにはトップ50位内に入る戦い方を覚える方法を身につけなければいけない」

挑戦を楽しむ情熱的なクルム伊達

四大大会(グランドスラム)で通算103試合に出場し、
ウィンブルドン出場通算12大会目を迎えたクルム伊達は、
1996年大会で4強入りを果たす快進撃を見せたが、同年に突然の引退宣言をした。

しかし、夫であるドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルムに促されて2008年に現役復帰。

旦那さんが、伊達さんの選手としての姿を見たかったというのは有名な話ですよね!

2009年の韓国オープンでは、38歳でWTA史上2番目の年長選手として大会タイトルを獲得し、
40歳の時には世界ランクトップ10位内の選手を破ったWTA史上最年長選手となるという
2つの偉業を成し遂げた。

そんなクルム伊達も、「25歳でテニスを辞めたときは、恋しくなるとは思ってなかった」と振り返る。

「若い頃は常にトップ10を目指していて、プレッシャーを感じていた。あまりテニスを楽しめていなかった」

「でもテレビ解説者として何年も現場に足を運ぶうちに、コートの外から見ていてテニスという
スポーツの美しさに気付いた。それで徐々に気持ちが変化していった」

「現役復帰してからはすごく楽しんでいる。たとえ負けたとしてもね。
私には溢れるほどの情熱がある。私の年齢では簡単なことではないけれども、その挑戦が好き」


■現役としてプレーする元気の源は「お茶」

クルム伊達は、体力を消耗し切ってしまわないように練習スケジュールを慎重に組み立て、
また中国茶をよく飲んでいると話す。

「自分の体には気を使ってる。当然ながら何よりも難しいのは体力を回復させること。
たくさんの練習は必要だけど、やりすぎると疲れてしまう」

「私は中国茶が好きで、たまに日本茶も飲むけど、とにかく量をたくさん飲む。
常にポットを持ち運んでいて、今回も持って来ている」

また、多くの選手が力任せに勝負を挑んで、相手を圧倒することに専念する中で、
高い経験地を持つことは精神面においても試合で有利に働くという。

「私の世代に比べると、今の選手にはスピードがあって、パワーもある。
ただ、テニスは若い選手に限らず、パワーだけではダメだし、スピードだけでもダメ。

テニスというのは精神力と経験が求められる。

だからこそトップレベルにいけるのは、もはや若い選手だけではない」

中国茶また人気出そうですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
テニス ブログトップ