So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ

トヨタ・マツダ提携拡大で調整のニュースに思う(スバルファン的な発想で) [ニュース]

まえから提携の話がありましたが、そんなニュースです。
トヨタ自動車とマツダが提携を拡大する方向で調整していることが9日、わかった。
これまでトヨタがハイブリッド車(HV)の技術をマツダに提供してきたが、
燃料電池車(FCV)やエンジンの技術などに広げる。
世界的に環境規制が強化され、競争も激しくなる中、
お互いの得意分野を活用し、生き残りを図る。

 トヨタが強みを持つFCVや充電可能なプラグインハイブリッド車(PHV)の
技術などをマツダに提供。
マツダは「スカイアクティブ」と呼ぶ高出力で低燃費のディーゼルエンジンや
ガソリンエンジンの技術供与を検討する。
部品の共同調達や商用車の供給まで踏み込む可能性もある。

 マツダの企業規模ではFCVなどの独自開発は難しいが、
米カリフォルニア州でエコカーの販売を義務付ける規制が導入されるなど
各国で環境規制が強化される見込みで、トヨタとの連携はメリットが大きい。
トヨタとしても“FCV陣営”の拡大につながる。

 トヨタはHVなどの環境技術を得意とし、昨年に世界で初めて
FCVの量販を開始した。
だが、従来型エンジンの性能向上ではマツダが先行しており、
技術供与によって品ぞろえを強化できる。

 両社は平成22年にトヨタがマツダにHV技術を供与することで合意。
24年にはマツダのメキシコ工場で小型車をトヨタ向けに生産することを決め、
今年から供給する。
一定の成果が出ており、関係強化に動く。

 自動車業界では分野ごとの提携が加速している。
トヨタは独BMWとFCVを共同開発、
日産自動車・仏ルノー連合と独ダイムラーは小型車や大型車の生産で協力する。
世界で事業展開し、次世代技術などの開発に巨額の資金が必要になる中、
限られた経営資源を有効活用する狙いがある。


マツダとトヨタの提携強化の話なのですが
エンジン技術をマツダのスカイアクティブ技術をトヨタも使うように
なるのでしょうか?

トヨタにはエンジン技術の提携相手にヤマハがいたと思いますが
ヤマハはどう思うのでしょう?
ヤマハはトヨタのレース部門に特化するんでしょうかね、

マツダとトヨタがこのように提携することは
スバルにもスカイアクティブ技術が導入される可能性はあるのでしょうか?
このブログはスバルファンが書いているので
そこ、気になります。(^^

前にも書いたことがありますが
ディーゼル技術は気になりますね、スバルはヨーロッパでは
ディーゼルエンジン車をラインナップしてますが、日本国内では販売してません
日本では売れないからと言うのが理由のようですが
ホントの所は排ガス規制の対応が難しいと言うのが
本音のようですが・・・

マツダのCX3やCX5のディーゼルがある程度売れているので
販売的には効果があると思うのですが、
インプレッサやレボーグ、フォレスターのディーゼルが日本でも発売を
待ってる方はある程度いると思うのですが、
そのとき販売されるスバル車のエンジンはスカイアクティブテクノロジーが導入
されたボクサーエンジンになるのでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ゲレンデタクシー スバル トヨタ 各メーカーが実施 [ニュース]

各メーカーがSUVでゲレンデタクシーをやってるニュース
入ってきてますが、スバルももちろんやってます。
長野県 信州菅平高原パインビークスキー場で11日までやってました。
映像を見る限り楽しそう!

車両と一緒に撮った画像をSNSなどで公開 共有することで
無料で利用できるというもの。
いい考えですよね!

海外とかでもやってるんですかね?
リフトだけではさばき切れないお客さんの移動の足として
スキー場もサービス向上になるし、メーカーも車の実力を体験してもらえる
またとないチャンスですからねー。

途中から下りも乗せてたようですが、フォレスターにはXモードが付いていて
その効果も体験できたお客さんも多かったのではないでしょうか。

ドライバーのテクニックも体験できていいなー と思います。

乗った方はクルマが欲しくなったのではないでしょうかね!


トヨタさんは福島 星野リゾートアルツ磐梯スキー場でプラドを使ってやってます。

こちらは16日までやってるそうです。

日本は北から南まで色々な気候を走ることができますので
いろんな体験ができますね。
あまり酷いと体験したくないですけど・・・(^^;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ マカン 動画 感想 911オフロード仕様 計画の話 [ニュース]

モーターショーにでて人気のあった、ポルシェのコンパクトSUV 【マカン】

新動画が公開されました。やっぱかっこいいですね。

ポルシェは、新型コンパクトSUV“マカン”の新映像を公開した。
マカンはSUVタイプの4WDモデルでありながら、スポーティな遺伝子を
併せ持つとうたうポルシェのニューモデル。

ドイツのライプツィヒ工場において年間5万台の生産が計画されている。

ラインアップは、3リッターV6ガソリンターボエンジン(340ps)の“マカン”

3リッターV6ディーゼルターボエンジン(258ps)の“マカンSディーゼル”

3.6リッターV6ガソリンターボエンジン(400ps)の“マカンターボ”が設定される。

なお日本へはガソリンモデルの導入が予定されている。

まあ、金額は普通の市民には届かない価格になるでしょうけど(^^;

あと、ポルシェといえば
911にオフロードモデルが出るとか?!

記事では、
ポルシェを代表するスポーツカー、『911』。

同車の最新モデルに、オフロード走行が可能なクロスオーバーコンセプトカーが
登場する可能性が出てきた。

これはドイツの有力自動車メディア、『Auto Bild』の『MOTOR REVUE』が報じたもの。

同メディアが独自ソースから得た情報として、「ポルシェが2014年春、中国で開催される
北京モーターショー14において、911のオフロードコンセプトカーを出品する」と伝えている。

オンロードスポーツカーの印象が強い911。

その911と対極に位置するようなオフロードコンセプトカーとは、一体どのようなモデルになるのか。

その一つのヒントになるのが、アウディの「オールロードクワトロ」。

同メディアによると、911のオフロードコンセプトカーは、『911カレラ4S』をベースに、
車高を若干アップ。

フェンダーエクステンションやアンダーガードなど、
車体を保護するオフロード対応装備が追加されるという。

1970年代後半には、911でサファリラリーに参戦した経歴のあるポルシェ。

同メディアは、「北京モーターショー14で初公開された後、2016年にも市販される可能性がある」と
レポートしている。


ポルシェのオフロードといえば、
スーパーカーの959のオフロードバージョンでパリ・ダカを走ってた
印象が私なんかは強いですが、あんな感じなんでしょうか?

各メーカーを見ると、スポーツカーデザインのSUVと
オフローダーデザインのSUVとの二極化になってくような感じですね。

ポルシェもその流れに乗っていくんでしょうか?
モーターショーに出るといわれるコンセプトカーが見たいですね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

グランツーリスモ6 ビジョングランツーリスモ スバルバージョン【ビジョンGT】 登場 [ニュース]

ドライブゲームの金字塔 グランツーリスモ このソフトにはメーカーとのコラボモデルが
登場するのが人気だったりします。

日産GT-Rは、ニューモデル発表と同時進行でゲームの中のモデルも作りこんでた
というのは有名な話ですね!
ナショナル・ジオグラフィックでも特集番組作ってましたね。

ソニー・コンピュータエンタテインメントが12月5日に発売した「PlayStation3」用ゲームソフト、
『グランツーリスモ6』。

そのコラボプロジェクト、「ビジョン・グランツーリスモ」のスバル(富士重工)の作品が、予告されている。

『グランツーリスモ6』のハイライトのひとつが、コラボーレーションプロジェクト、
「ビジョン・グランツーリスモ」。

これは、世界的な自動車メーカーやブランドが、グランツーリスモのために車をデザインするという
夢の企画。

参加ブランドは、アルファロメオ、アルピーヌ、アストンマーチン、アウディ、ベルトーネ、BMW、
ダイハツ、フォード、GM、ヒュンダイ、ホンダ、インフィニティ、イタルデザイン、ジョーダン、
ランボルギーニ、レクサス、マツダ、メルセデスベンツ、三菱、ナイキ、日産、プジョー、
スバル、SRT(クライスラー)、テスラ、トヨタ、フォルクスワーゲン、ザガートと、
錚々たる顔ぶれ。

『グランツーリスモ6』内では、これらの車のバーチャルな走行を楽しむことができる。

12月17日、スバルは公式Facebookページにおいて、
スバルの「ビジョン・グランツーリスモ」車の予告スケッチを公開。
スバル『ビジョンGT』と命名された1台は、アグレッシブなデザインが特徴。

スバルは「ユーザーへのプレゼントとして、オリジナル車をデザイン。
2014年春頃、『グランツーリスモ6』で配信予定」とコメントしている。


横顔しか見れないですが、スバルらしくBRZっぽい感じと
ツーリングワゴン風の造形も垣間見れます。

早く全体像が見たいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

SUBARU XV HYBRID に想う [ニュース]

三菱アウトランダーがPHEVとして登場。
欧州のメーカーもトヨタ型より、三菱に似たPHEVを用意してると言われています。

車はこれからEVがメインになって行くんでしょうか?
まあ、元々自動車と言うものはEVが最初らしいですし、より洗練されて
先祖返りするようなものですね。

さて、スバルから、初のハイブリッド XV ハイブリッドが出てますが、
動画を見る限りEVの要素も多分に感じさせます。

アウトランダーほど積極的にEV走行ではないにしろ、走り出し等はトルコのある
モーターに任してる感ありますね。
ノーマルのXVだと、試乗やオーナーの感想など見ると、減速時のギクシャク感が
不満として出てきます。
ハイブリッド版の感想を見ると、その辺はスムーズになってるみたい。

積んでるバッテリーが小さいので、EVで走行できる距離が短いため、
燃費はさほどよくないようです。が、バッテリーをリチウムイオンに換えるとか
大きさを変えるとより良くなるかもしれません。

ただ、せっかくのフラットエンジンを体感しにくくなるのは、
スバルに乗る意味がなくなるかも知れませんが・・・(^^;

ここからは、これからの予想と言うより、妄想なんですけど。

数年前のモーターショーに出てた、1.6Lの直噴ターボエンジンは
PHEV用のユニットだったんでしょうか?
そう考えると、登場が未だないというのも分るような・・・

小排気量のターボだとどうしても低回転のトルクが細くなりがちなので
そこは回り始めからMAXトルクが出るモーターの力を使うことで
力強く動くことができるし、燃費は1.8LNAなみと言うことですし
パワーが必要なら、2.5LNA級の力が出せるパワーユニットだったと
思うので、元気よさも期待できそうです。
さらにモーターパワーも追加されるとなると・・・
レガシーを動かすのも余裕でこなしそうです。

このエンジン、発電だけに使うのもったいない気が・・・

私的には、ディーゼルどうすんだろ?と思っちゃいます。
いいエンジンなのに、日本で使えないのは・・・

これから原発の代わりに火力発電等が主力になるとすると
LNGなどガスの利用も増えそうです。

かなり前のモーターショーで、ボルボだったかな~
小型のガスタービンエンジンを積んだシリーズハイブリッドと言ったかな
そのエンジンは発電専用に使いEV走行する車だった。

今やっとメタハイの採掘実験が行われてるようだし
実用化はもう少し先のはなしになりそうだけど、色々は燃料が利用できる
事は国にとっても国民にとってもいいことだと思うんですが
インフラがそろわないと広がらないよなー(--;

こう考えると、これからの自動車は国のエネルギー政策しだいで
どちらに転ぶか分らないことになりそう。

と、考えてたら
ネットでスバルの新型車の記事が・・・
レヴォーグ登場の文字が!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
ニュース ブログトップ