So-net無料ブログ作成

subaruおまえもか!! [クルマ]

東京モーターショーで新しいVIZIVが発表されて
未来のスバルの形が見えたところで、スバルでも
日産の様に最終検査で無資格者がさぎょうしていたというニュースが
入ってきました。
しかも、30年にわたって行われていたと言うことでした。

ドキュメンタリーで色々なメーカーの車やバイクが生産される
シーンを見たことがありますが、大抵最終検査は目視プラス
コンピュータ管理されたマシーンによる検査で終わりです。

資格者が必要と言うのは法律上のことで実際の生産現場と
乖離がずいぶん前からあったのではないか?
あったのならメーカー側は、省庁に法律を改定させるように
努力をするべきだったのではないかとも思います。

好事魔多しとはこのことですね。


モデルとしては、s208など楽しみなモデルが発表された
のですが(買えないけど・・・)
技術的な展示がないのがちょっと気になります、
アイサイトなどの展示はあるのでしょうけど、新エンジンや
ミッションなどや電気自動車の技術展示などあっても
良いのではないでしょうか。

エンジンはダウンサイジングからライトサイジングが
トレンドとなってます、そんな展示が欲しいなと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

スバルディーゼルから撤退 [クルマ]

と言うニュースがこの前流れましたね。
とても残念です。

結局日本で発売されることはなく
多くの自動車メーカーが向かうように、
スバルも電動化していくのでしょうね。

EE20 日本では幻のエンジンとなってしまいました。
subaru3.jpg

さて電動化ですが、ハイブリッド化は提携先のトヨタの技術が
採用されるかもしれませんね。
ただ、スバルは独自にハイブリッドを開発してたので
その辺の兼ね合いはどうするんでしょうね。

世界中で電動化がすすんでいるようですが、
ホンマでっか!の武田先生も言ってましたが、
ガソリンが燃えることで生み出すエネルギーと
同じだけのエネルギーを生み出す電気を作るためのコストを
比べるとまだ電気が高いと言うことで、CO2を出さないと言うことで
電気に世の中流れてますがホントにそれでいいんでしょうか?
と思ったりもします。

車で消費されるはずのガソリンが行き場を
無くすことになりはしないか?なんて思いますが
それはそれでいいのかね?

電動化は大事だと思いますが、エネルギーミックスの
バランスも大事だと思うのですが、この流れは
何かオイルマネーなど、お金の臭いがするような気がします・・・

nice!(0)  コメント(0) 

インプレッサのパフォーマンスは思ったよりすごいかも?! [クルマ]

今日、ユーチューブでカートップの筑波タイムアタックの様子を見てたら。
新型インプレッサも走ってました。
清水和夫さんが毎回色々な車でアタックしてインプレッションをしています、
で、
インプレッサは当然ターボでもモーターアシストでもなく、
カテゴリー的には、2Lの実用車、ファミリーカーなのですが、意外と速い!
1分13秒台でした。

テストした清水さんも驚いてました。
コメントでは、とても遅く感じて速く速く!と思って運転してたようですが
帰ってきてタイムを見たらビックリ!!

このことはファミリーカーとしては大事なことなのではないでしょうか。
多少オーバースピードでコーナーに進入しても運転者にストレスを与えない
ようにコーナーをクリアしていく、車の状態をドライバーに正確に伝える
事が出来てるのでドライバーが遅く感じるのではないかと思います。

タイム的にも、エンジンが出したタイムと言うより、シャシーで出したタイム
と言ったところでしょうか。
だって、履いてるタイヤもWRXなどが履いてる、スポーツタイヤじゃなく
どちらかと言えばエコタイヤに近いスタンダードタイヤじゃなかったっけ?

シャシー的にはまだまだ先がある感じですね。

これから出てくるであろう、DITターボなどに対応したセッティングがされて
出てくるWRXなどが今から楽しみですね。

動画の内容はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=w1l9AF6qUn0

スバル新プラットフォーム採用1番手のインプレッサをみて [クルマ]

今年のモータースポーツがすべて終わり、
スバルの情報が少なくなっているので、レースに関しては
感想などないのですが、インプレッサが発売され、試乗記が多く出てきましたので
その感想を、私は乗ってないので何とも言えませんが
いちファンとして話したいと思います。

マリオさんや川口まなぶさんなどの話を聞くといいんだなとは思いますが、
インプレッサはあくまでスバルのベーシックラインなので、ここから出る
よりグレードの高い車たちに期待が高まりますね。

新プラットフォーム:SGPは電動化も視野に入れて開発されたと聞きました。
すでにSIシャシーでハイブリッドは作ってるので、SGPでもハイブリッドは出ると思いますが、
私は、日産のようなシリーズハイブリッドで電動化してもいいのではないかと思います。

ただ、発電用のパワーユニットに1.6L 4気筒を使うのはなんとももったいないような気もします。
日産は3気筒の1.2Lを使ってます、スバルで新規に直列エンジンを使うのはどうかと思うので
トヨタからブロックを提供してもらってスバルが発電用にチューンするのもあるかなと・・・

ただ、せっかくスバルが作るエンジンなので、4気筒を半分にして2気筒で水平対向でどうでしょう
BMWのバイクのエンジンみたいですが、パワーが足りないようならターボ過給してパワーを
アップしてもいいのではないかなと思います。
電動ターボでも面白いかも。

eパワーのモーターは、250N・mのトルクがあります、ガソリンエンジンで2.5Lクラスの
トルクになります、日産はノートに積みました。ノートにはトルクが大きすぎる?かね。
今後ミニバンに積むらしいですが・・・トルク的にはちょうどいい感じですよね。

話をスバルに戻して、
エンジンをどこに積むかということがまず問題ですね。
エンジンベイが前にあるから前になるのですが、フロントドライブシャフトの前、後ろ
どちらに積むかなんですが、4気筒なら前に積むしかないですが、2気筒なら
後ろに積むというのもありかも。

あとモーターですが、強力なモーター1つで4輪を回すか、前後に1つずつ2つのモーターを
付ける、もしくは4つのモーターで4輪を制御するのもありかなと思います、こちらのほうが
スバルっぽいですが・・・

来年のモーターショーで何らかのショーモデルが出ないか期待しています。


インプレッサの動画などを見るとかなり良さそう!
この車は活字で表現するのが難しいというのは、モータージャーナリスト共通の
悩みのようです。
普通にまっすぐ走り、普通に重い道理に曲がり、普通に思い通りに止まるということを
これまでのボキャブラリーにない言葉で表現しないと新鮮味がなく、思いを伝えられない
ので書き手は大変だなーと思いますネ。

まあ、それだけの車が出来たということは、ファンとしてはうれしい限りですね。
自分は買えないのですがレンタカーなどで乗ってみたいですね。

インプレッサの派生車種、XV、S4、WRXSTI、STIスポーツなど
WRXなどのスポーツ度の高いモデルも気になるのですが、私的には、XVがどうなるか
特に気になります。
SGPで足の動きがより良くなったところに、XVの性格であるロングストロークの足が
どのようにチューニングされるかすごく気になります、猫足がさらにしなやかに
なるようなイメージが目に浮かびます。
エンジンが1.6Lディーゼルならいいですけどねー。

スバル新プラットフォーム採用1番手のインプレッサ試乗記(プロトタイプ)が配信されてます [クルマ]

この前から、スバルグローバルプラットフォーム採用第一弾となる
インプレッサのプロトタイプの試乗の様子が配信されていて、
その感想です。

SUBARU-ON Tube、スバル応援団のマリオ高野さんが動画を配信してます。
https://youtu.be/9rWcX3ogdzI
https://youtu.be/5gnhiVbv_8I

走り出した時から今までとの違いを感じるようです。

エンジンは直噴化され、プラットフォームも刷新されてますが
ミッション(CVT)はプログラムを変更してるだけらしいのですが
その反応もこれまでと変わってるらしい。

今回の試乗では5ドアハッチだけでしたが、セダンとの違いも
聞いてみたい感じがします。

Cセグメントと呼ばれるクラスになるのですが、このクラスの基準は長らく
VWのゴルフが受け持っていたと思います。
最近は、フォードのフォーカスなどが高評価を受けていた記憶があります。
今度のインプレッサはどのような評価を受けるのでしょうか。

さらなる動画の配信を待ちましょう。

ポルシェのケイマン ダウンサイジングエンジンは2.5L4気筒 [クルマ]

ポルシェケイマンのモデルチェンジの写真が撮られて
公開されてましたが、外観はそれほど変わらなかったのですが
記事によると、
エンジンは2.5L4気筒のダウンサイジングターボエンジンなのだそうです。
あくまで噂の範囲なのですが。
馬力は400馬力を出すそうです!
1L当たり、150馬力以上という高性能エンジンになりそうなのですが
これくらいの馬力なら、スバルの2.5L EJエンジンでも出せそうです。
FA2.5ではどうでしょう?

スバルのS-GTページでは、辰巳監督がターボのタービンのはなしとか
次の改良のことを小出しにされてて、楽しみなのですが、
今使ってるEJ20をS-GTのルールの中でチューニングするには
ほぼやりつくしたということなので、パワーのアップは望めないと
言われてました。

確かにEJシリーズは20年以上も前のユニットなので仕方ないですよね~

だからと言って、今のFA、FBがどこまでチューニングできるのか
未知数ですよね、アメリカのラリークロスのエンジンは600馬力くらいまで
チューンアップしてるそうですが、使ってるのはFAエンジンなのか
EJエンジンなのかわかりません。

今年の暮れのテストか来年初めのテストには
その答えが出るのでしょうか?
シャシーとタイヤは合ってきましたから、あとはパワーアップを
どこまでできるかですね!楽しみです。
来年こそはS-GT全戦入賞で!!
タグ:スバル S-GT

スバル S207即日完売だそうで・・・ [クルマ]

スバルWRX STIベースのコンプリートカーS207
STIのSシリーズの最新モデルで先月28日発表
29日から発売というものなのですが、即日完売だそうです。

世の中お金持ちがいっぱいいるのかね~なんて思います。

車体価格600万円前後の車に、数百台限定とはいえ
そこまで売れるかね~なんて思ってましたが、
売れるんですね!

車の内容は確かにイイ!!
おいそれと買える値段じゃないけど、
内容を見るとかなり手が入ってます。
インテリアの写真を見ると、ハンドルなんかもバックスキンぽい
皮になってたり、シートもレカロの専用のもの
インパネとかはベース車とあまり変わらない感じです。
ここまでやったならインパネの上の部分もバックスキンを
貼ったらかなり本気な感じや高級感もでるのにと思いました。

いろいろ記事や動画など見ていると
タイヤの話題がありました。
今回のS207はダンロップタイヤが入ってます。
専用タイヤでサイズも専用とか。
このためにタイヤの金型も起こしたとかありました。

前回のS206ではミシュランが入ってましたが、
ミシュランはタイヤに車を合わせてくれというスタンスなのだそうです、
ダンロップのような車のコンセプトに合わせた開発はしてくれない
のだそうです。
この辺面白いですね。

S-GTでミシュランからダンロップに変更した理由もそんなところかな
と勘ぐったりします(^^;

まあなんにせよ、私は買えないが、乗れる方は存分に
楽しんでください。

次期XVはプラグインハイブリッド? [クルマ]

スバルの記事があったので読んでみると、
XVのテスト車両が捕捉されたという記事だったのですが
内容は次期XVはプラットフォームが新規に刷新されること
ハイブリッドはプラグインになることが書かれていました。
ガソリンエンジンのみの車種も残るということも書かれてました。

ファンとしては、プラグインになることはいいことなのでしょうが
記事からは、三菱のようなPHEVではなさそうです。
トヨタ方式のPHVなのでしょう。
シャシーが刷新されるのはいいことなんじゃないでしょうか、
HV化も視野に入れたシャシーだと思いますから、それに各部の
剛性も上がっているようですから。

ここでディーゼル+モーターを考えてみたいのですが、どうでしょう?
一番のネックは、XVという車種が、スバルの普通車で最安値の
インプレッサの派生車であること、と言うことは
高級なシステムは使えないということです。
なので今のハイブリッドをPHV化した程度のものになると考えます。

これがレガシィならディーゼル+モーターもあるでしょうねー
バッテリーのスペースにも余裕がありそうですし、
ディーゼルエンジンの性質もレガシィにあってるでしょうから、
というか、PHEV化するなら燃費のいいディーゼルとモーターの
組み合わせなら燃費は30KM/Lくらい行きそうですね。
三菱はランエボの初期のころから4輪のトルク配分とコーナリングの
研究というか経験が豊富ですからアウトランダーでも
違和感なくモータードライブを実現できたのではないかと思います。

その点スバルはどうでしょう?
EVではR2の電気自動車など作っていたので
モータードライブ自体の研究は進んでたんでしょうが
PHEVに関してはあまりやってはなかったんではと思います。

スバルは運転の楽しさに重点を置いた車作りを是とするので
電気自動車に運転の楽しさを見いだせなかった?のか
スバルは小さい会社なので、資金の投入先を限定するしか
ないので2正面作戦というのは難しいのはわかるんですがね~

ここへ来て、ハイブリッド化が遅れてるのはアメリカで好調なスバルとしては
まずいんじゃないかと・・・
確かアメリカのどこかの州では排気ガスの規制というか
燃費規制が厳しくするところがあるとか、
そこで車を売るためにはハイブリッド化や電動化は必項ということで
特にアメリカで調子のいい、XVやフォレスターが最初にPHV化されるんでしょう
そう思うと、今回の捕捉された車がXVだったことも納得がいきます。

アメリカで調子がいいだけに舵取りは難しいでしょうね。

ポルシェの4気筒って! [クルマ]

車関連の記事を見てたら
カービューのニュースにポルシェのボクスターのマイナーチェンジの記事がありました。
その中に
『パワートレインは新開発の2リットル及び2.5リットル水平対向4気筒ターボエンジンを
搭載する予定で、ワールドプレミアは2016年秋が噂されている。』
と言う記事が・・・

ってことは
スバルの4気筒とバッチリバッティングするじゃん!

ポルシェは言ってもプレミアムブランドなので
直接競合することはないですが
なんだか嫌な感じがする(^^;

パワーや質感でスバルの4気筒がプアな感じを出されると
もっと嫌かな(^^;

排気量的には、スバルの4気筒と重なってるもんね~
気になるってもんです。

BRZが消える!! 次期BRZをめぐるウワサを考える [クルマ]

ベストカーの記事に次期86はスバルのエンジンを積まない
と言う話が載ってました。
直4になると言う話ですが、本来の86の姿を求める
なら直4という話も分かります。

ただ、この企画が始まった時、86と言うサインに
拘らないもっと進んだ車を安く提供すると言う
話だったような気がしますが・・・

マツダとの提携の話もあり、
私の予想と言うか、妄想ですが、
シャシーをnewロードスターを使いボディーをトヨタで
作ったらなんて思いました。
トヨタの縛りがなくなるので、スバルとしたら、
その方が次期BRZを企画するのに
自由度が増すのか?!
って思いますが、そうすると生産台数が減るので
営業的といいますか、工場的にはコスト高に
なるのでよろしくないなー。

トヨタ・マツダ・スバルで企画したらどうでしょう?
昔、ヨーロッパのメーカーが共通パーツを使って
車を作ると言う企画がありました、実際にアルファロメオ
ルノー、フィアット、サーブ・・・プジョーもだったかな?
ありましたね。
結構色々なデザインされてて私は良いなーと
思った経験があります。

日本のこの3社はエンジンの共通化はムリです(^^;
出来るとしたらボディくらいでしょうか、
ドアパネルとかボンネット、ルーフくらいまででしょうか。
F4と直4ではエンジンマウントの方法がまったく違うので
シャシーを共通化するのは難しいですねー。
Aピラーから後ろは共通でもいいかも。
シャシーが同じだから走りが良くなるとおもったら
大間違いで、セッティング次第でよくも悪くもなるもんです。
会社ごとに基準が違うのでそれぞれのカラーがでる
と思うと楽しいですし、外観の違いも想像すると
楽しいですね。

一番気になるのは、86に水平対向エンジンを載せないと言うことは
ひいてはBRZの存在意義がなくなるので、
次期BRZ自体が存在しないと言うことになりますね。

ここからは、BRZの次期型が存在すると仮定して、
しかも、水平対向エンジンを積むとして妄想すると。

スーパーGTのBRZを基準に企画を組み立てるほうが
アピールしやすいと思う。
実際のGTマシンはホイールベースを伸ばし、ドライバーポジションも
かなり後ろになってます。

今のエンジンをドライサンプ化してさらに低く積み
伸びたホイールベースを前輪の位置の前進に使い前輪の
車軸をエンジンの前に持っていくようにして
前輪をモーターで動かすようにすることにも対応しても
いいのでないかと思います。
ターボ化もいいですね!
ここは以前から望まれてますもんね!
パーツメーカーからターボユニットが発売されるくらいですもん。

2.0DITにしてもいいし、1.6ターボで電動ターボに
してもいいし、ですね。
FRが基本ですが、スバルらしい4WDもラインナップしたいそこで
前輪にモーターと思うんです。ですがバッテリーの重さがネックですね。
ミッションから前輪に駆動を伝えるシャフトの通し方に苦悩するより
モーターを置く方が自由度が高いですよね。
妄想はこのへんにして、
本当のことはいつになったらはっきり分かるのでしょうか?
気になりますね~。
gt300_04.jpg